スポンサーリンク

タイへ行くなら【AIS】タイ プリペイド SIMが安くて便利

2018年7月29日

9月に初めてタイへ行った時に使ってとっても便利だったプリペイドSIMをご紹介します。

友人のご主人が海外転勤でタイへ行ったので10年ぶり(パスポートがギリギリ切れてました(汗))に海外へ行くことに。

H.I.Sで飛行機とホテルのパックを申込んだんですが、担当のスタッフさん曰く「町中に飛んでいるwifiも使えますし、ホテルもwifi付いてるし、借りる必要ないですよ」とのことだったのですが、付いてからすぐに友人に連絡したかったので、行く直前までwifiをレンタルするか迷っていました。

10年前だとwifiやスマホが繋がるかなんて考えもしなかったし、必要だとも思っていなかったんですが、それだけ依存度が高まったということなのでしょうねぇ。

wifiを借りるとなると壊れたとき用の保険も合わせると何千円かかかってしまいます。せっかくリーゾナブルなパック旅行を申し込めたのにもったいないなぁと思ったり、持ち歩くのも荷物がふえるなぁと思ったり。

SIMフリーのスマホならプリペイドSIMが安くて便利

そんな時に、友人からラインで「プリペイドSIMなら安くて便利ですよ。空港で1000円くらいで買えます。」と教えてくれました。

私のスマホはauの白ロムhtc one butterfly(htv31)をSIMロック解除して格安sim(iijmio)を挿して使っています。ドコモのSIMロック解除した機種だと海外でも問題ないみたいだったんですが、auはバンドが違うとかで使えない確率が高いようなんです。

で、調べてみました。

htv31の対応バンド

バンド1とバンド3が対応していたら大丈夫と書かれているサイトもあったので、ちょっと期待が持てました。黄色いベタ部分が対応しているようなので、なんとなく使えそうな気がしました。

アマゾンで現地に行くまでに日本で買えて、日本語の説明書も付いてます

1,000円くらいならもし、使えなくてもいいかなぁ、でも使えないともったいないな、と思っていたら、なんと!アマゾンで1,000円切って売ってますやんっ!

しかも、日本語の説明書付きで行く前から手に入りますやんっ!

私が買った時は630円でした(帰ってきてから見たら1,000円でしたが、今(2017.11.6)は575円です)。

これならもしも通じなくても後悔しないなと思ってポチりました。

実際に、スワンナプーム空港に着陸した時にSIMを入れて空港内で電源を入れたら何の設定もなしにすぐに繋がりました。

ちょっと感動して、早速タイ在住の友人に「着いたよ〜」と空港の写真入りでラインを送信。パック旅行の送迎付きだったのですが、金曜日で超渋滞して待ち合わせに間に合いそうになかったのですが、このSIMのお陰で連絡をとることが出来ました。

7日間有効のSIMでしたので、4日しかいなかった私は容量も気にすることなく快適に通信できました。

ホテルの部屋はwifiを無料でつけてくれていたので、そちらを使いましたが、それ以外は町中のフリーwifiを使うことなく過ごせました。

このsimを挿したらすぐにどんどんとSMSがとどいてaisのフリーwifiのパスワードも送られてきますので、それを利用してもいいと思います。

(実は、私はつないでみようとしたんですが、wifi接続の設定が自動になっていたからのようですが、繋げられませんでした。wifiに繋がなくても2.5ギガも通信量があったので、あまり気にしませんでしたけど、、。せっかくご紹介するのだから、ちゃんと繋いでおけばよかったと今頃反省しています(汗))

AISだけでなく、他にもTRUEMOVEなどのプリペイドSIMもアマゾンでも買えるようです。

皆さんもタイへ行く機会があってwifiレンタルを持っていこうかと悩まれていてシムフリーのスマホをお持ちの方は、こちらも選択肢に入れてもいいかもしれません。

ただし、スマホによってはつながらないこともありますので、ご自分のスマホが対応しているかを確認してくださいね
また、日本語マニュアルが必要な場合、購入時に説明欄に「日本語マニュアル付き」とあるかどうか確認したほうがいいかもしれません。