スポンサーリンク

物忘れがひどすぎて、スマートウォッチ”Mi Smart Band 6″を買いました。

2021年10月10日

スマートウォッチは、健康管理以外にもこんな人にもおすすめです。

最近、「物忘れ防止対策グッズ」として購入した、スマートウォッチ”Mi Smart Band 6″をご紹介したいと思います。

老化現象だけでは済まされないくらい物忘れがひどいkaeruのような方にもおすすめです。

先日も美容室の予約をすっぽかしてしまいました。

kaeru

前日の夜まではっきりと覚えていたのに、、

実は、これ、4回目なんです。。。

予約を忘れるなんて、美容室側にしたら死活問題ですよね。その時間の料金がなくなるわけですから、、。

何度も反省して、スケジュールに入れたり、通知がくるようにしていたのですが、先日は朝からバタバタしていて、スマホを机の上に置いたまま。

続きで仕事を始めてしまって、どっぷり集中してしまいました。

朝にちゃんとインスタのメッセージで「今日カットの日ですよ〜」とメッセージまでいただいていたのに、それすら気づかず、、、。

kaeru

予約を2回忘れた時点から、毎回当日の朝にメッセージまでいただきます。

そこまでしていただいているのに、、、。

予約時間の10分を過ぎた時に電話がかかってきて、相手先を見たとたん!!!

kaeru

やらかしたっ💦

怒ることもなく、呆れながらも笑ってゆるしてくれましたが、自分で自分が情けなくて、、。

前髪が鬱陶しくなってきていて、この日を心待ちにしていたにもかかわらず、なぜ忘れるのかっ!

次の予約の人までに間に合わないということで、再度二週間後の予約を取ることに。

・・・前髪が、もう限界です。

kaeru

いや、お前の物忘れの酷さが限界こえとる、、。

何度も同じことを繰り返してしまう情けなさと、後二週間カットできないことに1日凹みました。

kaeru

ショックでお昼ご飯が食べれませんでした(T.T)

スマートウォッチでスケジュール管理

この時、チャットしていたガジェット好きな知人に

「kaeruさん、そんな人にはこれでっせ」

と教えてもらったのが、スマートウォッチ「Mi Smart Band 6」です。

運動もしないし、睡眠管理なんて別にいらないと思っていたので、スマートウォッチに何の興味もありませんでした。

しかし、スマートウォッチは、その日のスケジュールや着信なども教えてくれるそうで、、。

kaeru

・・・いるやん

普段はおすすめしてくれたもの以外もリサーチして比較検討するのですが、今回は藁をもすがる思いです。

値段が手頃だったこととアマゾンでの評価も良かったので、迷うことなく秒でポチりました。

早速次の日に届きました。

ストラップも一緒に♪

アカウントを登録してペアリングをします

届いたのはいいですけど、設定からしないといけないのが、ちょっとめんどくさい、、。

まずは、アプリをダウンロードしてペアリングします。

同梱の説明書にあるQRコードを読み取ると「Xiaomi Wear」と「Mi Fit」二つのアプリが出てきます。

Xiaomi WearとMi Fitアプリへのリンク

私は、何も考えずに二つともダウンロードして二つともペアリングしましたら、ペアリングできるアプリは一つだけ(当たり前?汗)のようで、どちらか一つを選ぶみたいです。

アカウントがアクティブにできなくて苦戦

最初のアカウント作成の時点からちょっと苦戦しました。

ちなみに、私のスマホはAndroidです。

単に国とメールアドレス、パスワードを設定するだけなんですけど、アカウントをアクティブにするために送られてきたメールの「アカウントをアクティブ」のリンクをタップするとエラーになります。

オレンジのリンクをタップしても、リンク先に飛べません

下記の画像のように「未授权的服务id(21315)」と出てきて、アクティブにできません。

未授权的服务idとは不正サービスidという意味みたいです。

何回やってもエラーになってアクティブにできません。

ググりましたら、miのオンラインショップでアカウントを作ろうとされていた方が同じような状態になられたようでした。

解決策を書かれてたので、今回のアプリとは違いますが、同様にやってみました。

kaeru

ありがとうございました

アカウント作成画面の表記を変更するとアクティベイトできます

解決策としては、アカウント作成画面を日本語表記から英語表記に変更して登録します。

Xiaomi Wearのアカウント作成画面の場合は、地球儀マークをタップして言語の設定を日本語から英語表記に変更します。

英語表記になった画面で、同様に国(日本)、メールアドレス、パスワードと進むと送られてくるアクティベイト用のメールが、英語で届いて「Activate account」となり、それをタップすると無事、登録完了できました。

Activate accountと英語表記のメールが送られてきます

最初にアカウントを登録したのは「Xiaomi Wear」でしたが、同じアカウントで「Mi Fit」でもログインできました。

こういう時間が本当にもったいないと思いますけど、新しいものを設定する時ってどこかでつまづくものですね。

先駆者の方々の優しいブログ記事がなければ、延々と時間だけが過ぎていくところでした。

その後、ペアリングするデバイスを選択して、指示通りにバンドにスマホを近づけてペアリングします。

通知の設定をする

ここからやっと設定です。

両方のアプリを見るとMi Fitの方が使いやすそうだったので、そちらを使うことにしました。

kaeru

とにかく通知の設定だけはしてしまわないと、、

「アプリ通知」から通知するアプリを選んで設定します。

一番下の「アプリを管理」をタップして、追加したいアプリや外したいアプリを選択します。

追加したアプリは画像のように表示されます

私は普段、スマホは消音、バイブ設定です。

ほとんどの時間カバンの中にスマホをいれているので、ラインの通知がバンバン届いてもあまり気になりませんでした。

kaeru

だから大事な通知にも気づかないんですね、、💦

しかし、Mi bandでの通知を設定したので、あれもこれもブルブルされては困ります。

これを機に必要なお知らせだけが届くように設定し直しました。

カレンダーも通知に追加して、テストしてみましたら、ちゃんと通知が来ました。

ただ、5分前に通知の設定にしましたが、通知が来たのは2分前でした。。

ちょっとお知らせまで時間がかかる?

これだけでは、ちょっと心配。

そこで、重要なイベントは、Mi Smart Band 6に搭載されている「イベントリマインダー」にも、設定することにしました。

こちらはスマホのアプリに書き込みます

ちなみに充電後3日間使用で電池の減りは76%です。

公式サイトによると14日間持つみたいです。

最初なので色々さわっていて、それよりは短いかもしれませんが、充電を毎日気にしなくていいのはGood Pointですね。

設定している間に、ラインメッセージが来たのでタイムリーにお知らせを見ることができました。

しかし、深刻な老眼ゆえ?、字が、、、ち、ちっちゃくて、、。

でも、画面はきれいですね。

まぁ、ラインやチャットの全文はスマホで確認することになるのでしょうけれども、、、。

文字のサイズがわかりにくいですね汗

その他諸々の設定をする

通知、着信のお知らせ以外にも、健康モニタリング機能の設定やバイブレーションのリズムの変更なども設定できます。

私は通勤という名のウォーキングをするくらいですが、運動する方には、30種類ものエクササイズモードが選べるので、モチベーションがあがりそうです。

ディスプレイ設定で使用目的に合わせて表示アイコンの順番が変えれるのは便利です。

右端の3本線を長押しして移動させます。

私の場合は、エクセサイズや心拍数よりもリマインダー、通知が優先です😂

画像に「写真をとる」という項目がありますが、これは「ラボ」という設定画面でスマホのカメラとbluetoothで接続することで、シャッターの役割をしてくれます。

設定して試してみましたが、私には使う機会があるかどうか、、。

その他の便利な機能

その他、スマホの音楽の再生、停止、音の大きさの変更なども手元でできるので便利です。

ただ、ちょっと反応が遅いような気もしますが、、、。

追加で購入しないといけませんが、、ちょっと試してみたいなと思ったのが、体重計との連動です。

Xiaomiの体重計と連動させると、体脂肪や体重なども一緒に記録してくれます。

一番心惹かれるのは小包などの発送物も測れるということ。

体重計の最小重量は100gから測れるので、メルカリなどの発送物をきっちりと測りたい時にぜひともほしい機能です。

バランス能力などもテストしてくれますし、見た目もおしゃれなので、かなり心が動きます。

kaeru

ぶ、物欲がとまらない、、💦

また、購入した暁には、Mi bandとの連携性などをお伝えしたいと思います。

Mi Smart band 6を使い込んだあとの使用感などもまた、ご報告できればと思います。