スポンサーリンク

Nuovo Espresso 1〜イタリア語講座の教科書〜

2019年6月30日

イタリア語の勉強を独学で初めて1年ちょっと立ちました。

今までスマホのアプリ、NHKのラジオ講座や学習書などでかじってみてはいたのですがどうにも前に進まず、初めての言葉を独学でするには根気も学習スキルもないことを痛感しました。
やってもやっても覚えられないんです。・・・ばか?って自分に自問するくらい。

イタリア語を学ぼうと思ったきっかけ

そもそもイタリア語を習得しようと思ったきっかけは、たまたま知り合いになったサルデーニャ島に住むイタリア人女性の存在です。

5年以上前にネットで語学学習サイトを利用していたのですがそこで彼女は日本語を、私は英語を勉強していました。

そのサイトを通して彼女がchatをしてきたことから日本語の勉強を手伝うようになったのですが、私はイタリア語を知らないし、彼女の日本語はまだまだ始まったばかり。

共通語は英語ということになりますが、これまたお互いに心もとない実力です。

それでもなんとか想像力をお互いに働かせあってやりとりが続きかれこれ5年以上のお付き合いになります。

一度もお会いしたことはないのですが、お互いのお誕生日にプレゼントや、最近ではビデオレターを送り合ったりと親交を深めています。

そんな彼女が去年「今からお金を貯金して2年後に日本に彼氏と一緒に行く〜!!」とメールしてきました。

そうなると、色々案内してあげたいし、美味しいものも食べてもらいたい。

そして、お互いの言語で会話がしたい!!と思うようになりました。

独学をあきらめ講座に通うことにしました

しかし時間は2年しかありません。そこでラチの開かない独学を諦め、体験レッスンで印象が良かった仕事先の近くのイタリア語講座を受講することに決めました。

その講座で使用しているテキストは「Nuovo Espresso 1」です。

この本は独学用ではなく、授業用のテキストなので、初心者が一人でこれだけで勉強するのは難しいと思います。なんせ、全てイタリア語ですから、質問の意味も教えてもらわないとわかりません。

それと、付属のDVDが当たり外れがあって、私が最初に購入したのに付いていたDVDは不良品で、視聴できませんでした。私だけかと思っていたら、クラスの何人かが見れなかったようです。

事務局の方曰く「イタリア製ですので、、、」(´゚д゚`)

・・・そんなものなの?

なので、購入された方はとりあえず、DVDが見れるかどうかを確認したほうがいいと思います。

とはいえ、DVDなしのテキストだけのバージョンを買うよりは、音声はあったほうが絶対にいいと思います。

繰り返し音声と一緒に発声したりDVDと一緒にシャドーイングしたりディクテーションしたりすることで更に身につくと思います。

私はディクテーションはあまりしませんが、シャドーイングは結構好きでDVDと一緒に声を出してしゃべってます。ただDVDだと持ち歩けないので、今どきなんだから音声は出版社サイトからダウンロードしてスマホに入れれるようにしてほしいと思います。

朗報!DVDに不具合があっても公式サイトから音声(ムービー以外)はダウンロードできます!
もし、DVDが見れない環境の方でも出版社のALMA EDIZIONIのサイトで会員登録することで音声をダウンロードできます。その他に各課にあわせたテストもあるのでおすすめです。
1.会員登録をする
2.ログインする
3.赤い帯のリンク先から「RESORSE」をクリックし「NUOVO ESPRESSO」を選択
4.教科書のアイコンをクリック
5.緑の帯のリンク先から「>AUDIO」をクリック
6.zip形式の「audio」をクリックするとダウンロードできます
私もおかげでスマホに音声を入れて外でも聞けるようになりました。

DVDのストーリーもコメディチックで楽しいです。

1年間この教科書を使ってみての感想

この1年間で学習したのはlezione 1〜lezione 5

lezione 1:Primi contatti
BuongiornoやCiaoから始まる挨拶の種類から自己紹介、名前、出身、職業など
電話番号、住所の聞き方答え方
数字:1〜10

lezione 2:Lo e gli altri
友人の紹介、国名、何人、職業、年齢など
丁寧な言い方、カジュアルな言い方
数字:20〜100
動詞現在形の変化

lezione 3:Buon appetito!
バーやレストランでの食べ物、飲み物の名前、メニュー、注文の仕方、お勘定、レストランの種類など
動詞現在形の変化

lezione 4:Tempo libero
休日や空いた時間の過ごし方、趣味、好きなこと、時間の言い方など
動詞現在形の変化

lezione 5:In albergo
ホテルの予約、部屋の種類、部屋の調度品や設備の名前、修理や追加の依頼など
月の名前、第一、第二、第◯の言い方
数字:100〜200.000.000

スタート時から私のクラスはゆっくりめだったのですが、1年が終わってみてクラスごとの進み具合に随分差がついてしまいました💦

他のクラスは「Lezione 8」か「Lezione 9」くらいまで進んでいるのに私のクラスは「Lezione 5」、、、。

私のクラスは繰り返し繰り返しシチュエーションを変えてのアウトプット練習が多いので進み具合がすこぶるスローです。

その分各課が身についていっていってると思いますがそれでもどんどん着いていけなくなってきて予習復習が欠かせません。

1回でも抜けると授業についていけなくなるのに去年は海外旅行へ行ったので3回ほど続けてお休みを、、、。

優しいクラスメイトが授業ノートを写メしてラインしてくれましたが、3回分を復習する時間が取れず遅れたままです。

lezione 4からはまだ身についていない感じです。

なかなか学習の成果を実感することは出来ませんが、それでも少しずつは身についてきているのではと思います。

学び続けるためのモチベーション

去年イタリアのサルデーニャ島へメール友達を訪ねる旅に行ったことで新たに学び続ける力をもらいました。

メールだけのつながりで会ったこともない私を1週間もお家に泊めていただいてあちこちを案内してくれました。

初めて空港で会ったときから、lezione 1で学んだ挨拶が終わるともうイタリア語で話せることがありません。😂

あとは、片言の彼女の日本語と単語をつなげた私のイタリア語、それを補うには心もとない英語でのやりとりです。

これで一週間も過ごせるかしら、と不安になりました。

彼女の日本語は私のイタリア語よりは数段すすんでいますが、それでも会話を続けるのは難しいです。

しかし、それでもお互いの知っている日本語、イタリア語、英語、更にはテレパシー😂を総動員してなんとか相手の言っていることを理解しようとすると不思議なもので伝わるんです。

「伝わる」というよりはそれはむしろ「心で感じる」という方が合っているかもしれません。

とにかく伝えたいという強い思いのおかげで間違ったらどうしようとか恥ずかしいと思う前にイタリア語を発する事ができたのも良かったかもしれません。

話さなきゃ前に進みません😂

お互いがお互いの言語を教え合いながら毎日わからないなりにもとにかく話すことでより相手のことを知ることが出来たと思います。

自分の中に退化していた相手を思い知ろうとする意識の力を感じて、毎日どれだけぼーっと鈍感に生きてきたのだろうかということに気付かされました。

彼女のパートナーさんもご家族も皆さんとても親切に見たこともない日本人を手厚くもてなしてくれて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

イタリアで必要に迫られて覚えた言葉はトイレに行きたい時の「Vado al bango」と料理を更に進められた時のお腹いっぱい「basta cosi」ですが、今調べたら「Basta cosi」のあとには「grazie」をつけないといけなかったようです。

これ、連発してました😂ありがとうをつけないなんて、失礼でしたね、私💦

習ったことでは、パートナーさんのお兄さんが彼女に向かって「Che lavoro fa?」と聞いているのが聞き取れたことはちょっと嬉しかったです。

習った言葉はちゃんと聞き取れてるなぁと思うと少しは学習の成果がでているのかなと思います。

なんとか今年中にはこの本を終わって次のNuovo Espresso 2にすすみたいと思います。

またサルデーニャ島に行った時のこともブログにしたいと思いますのでよければご覧ください