★当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています

アポロシネマ スクリーン1で「ゴミ捨て場の決戦」3回目の観戦

ハイキュー‼️劇場版「ゴミ捨て場の決戦」3回目は、アポロシネマのスクリーン1で見てきました。

※鑑賞したのは50代後半1名、80オーバー1名です。購入した料金も記載しましたのでご参考までに。

劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦とは

劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦は、古館春一さん原作の漫画の中でも人気のエピソードの一つ、春高での烏野高校VS音駒高校の一戦を映画化したものです。

第1期から第4期まではテレビアニメとして制作され、春高2回戦のvs稲荷崎高校まで放映されました。

映画はその続きの3回戦、音駒高校との戦いです。

両校の監督時代から続く因縁の対決は、通称“ゴミ捨て場の決戦”と言われています(烏対猫だけに)。

合宿などを通して交流と深めた両校の友情とライバルとして成長の成果を発揮する好カード。

畳み掛けるように攻撃する烏野高校が勝つのか、それとも拾って拾って繋ぎ続ける音駒高校か…。

アクセスのいいターミナル駅天王寺の昔からある映画館

天王寺は、JR、地下鉄谷町線、御堂筋線、近鉄南大阪線とアクセスのいい駅。

どの駅からも数分で到着できるルシアスビルとアポロビルの4階にあります。ルシアスビルとアポロビルは繋がっていますので、どちらからでも行くことができます。

現在50代後半の私の子供の頃からある下町の映画館です。昔はスクリーンは二つしかありませんでしたが、現在は9つのスクリーンを持つシネマコンプレックスとなっています。

私にとっては馴染みのある映画館で、一番大きなスクリーンで300席ほどですので、こぢんまりとまとまっている印象ですが、座席のシートが新しくなったりカスタムオーダーメイドスピーカーなどの音響設備の導入もされています。

アポロシネマで一番大きなスクリーン1で鑑賞

鑑賞したのは日曜日でしたが、シニア料金とメンバーズ会員料金のおかげでお得に購入できました。

上映劇場:あべのアポロシネマ スクリーン1
座席  :G -007、G -008
券種  :◆シニア(60歳以上) 1,200円/1枚 ◆アポロシネマメンバーズ会員料金(土日) 1,500円/1枚

真ん中よりも左右どちらかにずれた席の方が見やすいです

このスクリーンは車椅子席が最前列でなく、左端ではありますが、スクリーンからの距離は真ん中あたりですので、車椅子の方も見やすいスクリーンになるのでは、と思います。

アポロシネマサイトより

直近でアポロシネマで見た映画は、「ゴールデンカムイ」で、この時も同じスクリーン1でした。

その時は、通路を挟んだ真ん中後方の席(L-11)で見たのですが、座席の傾斜がゆるいのか、前の人の頭が画面の真ん中下方を隠してしまって、俳優さんのアップの口元が見えなかったりと残念な鑑賞になってしまいました。

今回は、G-7,8で、スクリーンの真ん中より左寄りの席に。

真ん中の通路脇の席はどうしても座席の位置が前の人と重なりますが、端に行くにつれて湾曲した配置になっているのか、今回は前の人の頭を気にすることなくスクリーンを見渡すことができました。

このスクリーンはAからN列までありますが、ほぼ真ん中のG列だったので、スクリーンも見やすくて映画に入り込むことができました。

座席も前の席とはある程度離れているので窮屈感は感じませんでした。

上映時間までのお客さんがなんとも賑やかでした

今までの映画館では感じませんでしたが、上映前のお客さんの賑やかなこと!

スクリーン内の環境もあるのかもしれませんが、ワイワイワイワイと会話の音量がすごかったです。

もちろん上映開始と共に皆さんお静かになられましたが、これまで行った映画館の中でも飛び抜けて賑やかでした。

アポロシネマ名物?支配人のご挨拶

映画の上映前に、鑑賞の注意などの映像が流れますが、アポロシネマでは支配人のご挨拶が流れます。

スマホで撮ったと思われる縦長の映像いっぱいに支配人が映し出されてご挨拶と鑑賞時の注意をされます。

なんとも下町感あふれる映像だなぁと思いました。

スクリーン1のスピーカーはオーダーメイドスピーカーではありません

スクリーン1はカスタムオーダーメイドスピーカーではありませんでしたが、音も悪くなかったと思います。

どう違うのかもわかりませんが、、

音に関していうとやはり座る座席にも左右されるのかな、と思いました。

同じ映画で比べたわけではありませんですが、前回の「ゴールデンカムイ」のときより音の遠近感が感じられたように思いました。

座席によっての差異を減らしてくれるのがオーダーメイドスピーカーなのかもしれません。

まだ体験したことないので、機会があればまたレビューしたいと思います。

何回見ても夢中に慣れる映画です

スクリーンとの距離がちょうど良かったのか、画面にのめり込むことができました。

迫力を楽しむなら、もう少し前でもいいような気もします。

そして今回も、映画、良かったです。

3回目でも泣けます。いい映画🧡

毎回涙腺が緩むシーンが微妙に違うのですが、今回は影山がオープントスを上げるところでグッときました。

いやぁ〜トビオくん、成長したなぁ、、(母かっ)

3回目でも新しい発見があったり、彼らの気持ちをより共感できるようになったりとまだまだ飽きません。

第二弾の特典カードとスタンプラリーの看板

第二弾の入場特典のタイミングで行きましたので、音駒高校バレー部の集合写真風カードをもらいました。

Xで先に鑑賞した人が特典のサイズ感などを教えてくれるのも参考になりました

母も私も特典付きの映画は初めてだったのでこの後も第7弾までつづく特典も映画と共に楽しみにしています。

あべのアポロシネマのスクリーン数は9

12スクリーン全てに車椅子スペースが設けられています。

スクリーンプラスワン以外は車椅子の座席もスクリーンから真ん中の距離の左端か、最後列の左右の真ん中寄り、と見やすい位置に配置されています。

劇場情報
  • 劇場名:あべのアポロシネマ
  • 住 所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号 ルシアスビル、アポロビル 4F
  • 最寄駅:近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅、JR・OsakaMetro御堂筋線・OsakaMetro谷町線「天王寺」駅、阪堺電車上町線「天王寺駅前」駅
  • スクリーン数:9

ネットでチケット購入前に座席だけ予約できます

これは他の映画館ではあまりないかもしれないですが、アポロシネマは座席だけネット予約し、清算は映画館ですることができます。

クレジットカードをネットで使いたくない人にはありがたいですね。

ただし上映時間30分前までに精算を終えないと予約した座席が開放されてしまいますのでご注意ください。

入会費も年会費も無料!お得なアポロシネマメンバーズ

ここのメンバーズ特典はかなりお得だと思います。

入会費も年会費も無料!

メンバー特典は

  • 一般 平日 1,200円、土日祝 1,500円
  • 大学生 1,100円
  • 高校生 1,000円
  • 小・中学生 900円
  • シニア会員料金 1,200円
    (6/1より一般 平日 1,300円、土日祝 1,600円/大学生 平日 1,200円/土日祝 1,300円に値上がりします)

6/1からは通常料金も値上がりします(一般 1,900円→2,000円)

それでも、土日祝も割引がありますので、他の映画館に比べてかなりお得なので、1度いくだけでも会員になる価値はあると思います。

しかも1人が会員だと同一映画の同伴者2名まで同一料金で鑑賞できます。これはかなりお得だと思います。

その他のサービス

メンバー会員特典以外にも以下のような割引サービスがあります。

  • シニア割引(60歳以上) 1,200円→6/1以降は1,300円
  • レディースデー 1,200円→6/1以降は水曜サービスデーとなり誰でも1,300円
  • 映画サービスデー(毎月1日) 1,200円→6/1以降は1,300円※映画の日12/1は1,000円
  • レイトショー 1,400円→6/1以降は1,500円

まとめ

あべのアポロシネマは、IMAXや3DX、Dolby cinemaなどはありませんが、学生や近所の方にとっても気軽に行きやすい映画館だと思います。

各路線天王寺駅の近くで交通の便もよく、各駅からも徒歩数分で行けます。

アポロシネマメンバーズは入会費も年会費も無料ですので、ぜひチケット購入前に会員になられることをお勧めいたします。

映画の鑑賞チケット提示で、ルシアスビルのゲームセンターでクレーンゲームが1回無料でできたり、割引がつく飲食店もありますのでお店の表示をチェックしてみてください。